京都大学数理解析研究所研究集会
新時代を担う最適化:モデル化手法と数値計算


開催概要

タイトル: 新時代を担う最適化:モデル化手法と数値計算 (Optimization for the New Age: Modeling Method and Numerical Calculation)
期間: 2015年8月31日(月)〜9月1日(火)
場所: 京都大学 数理解析研究所 111号室 ( アクセス ) 〒606-8502 京都市左京区北白川追分町

目的

 最適化は工学の諸分野における基本的なテーマであるだけでなく,自然科学や社会科学の領域においても現れる重要な概念である.近年,計算機の著しい発展に伴い,大規模な最適化問題を現実的な時間で解くことが可能となった.しかし,依然として解くことが困難なクラスの問題も多く存在し,それらをどのように工夫して解くか,どのように効率的なアルゴリズムを構築していくかは依然として重要な課題である.また,現実問題をどのように最適化問題に帰着させるかという「モデリング」については,その性質上,計算機のみで取り扱うのは難しく,いまだ人の力に拠るところが大きい.
 本研究集会は,「新時代を担う最適化」と題し,様々な分野から最適化に関する最先端のモデリング手法,問題の理論的性質の解明,アルゴリズムの開発に関する話題を集め,老若男女を問わず,自由な雰囲気の下での研究発表および議論を行うことを目指す.一般の研究集会では,モデリング・アルゴリズム開発・問題解析は別セッションに分けられることが多いが,本研究集会では,単一のセッションで発表を行うことにより,各参加者に幅広い話題に触れる機会を提供する.また,現段階では応用とあまりつながりの無い基礎的な最適化アルゴリズムや,既に提案されている最適化アルゴリズムの効率的な実装による問題解決といった話題も積極的に受け入れ,敢えて発表の種類を限定することなく,幅広いテーマの発表を募集することにより,新しい知見の創出を目指す.

発表者募集のお知らせ

発表申込みは終了しました. なお,当日の参加には申込みは不要ですので,奮ってご参加ください.

プログラム

こちらに pdf 版を掲載しました. プログラム

問い合わせ

主査: 林 俊介(東北大学 情報科学研究科)
連絡先:

リンク

近年の最適化関連RIMS研究集会

  1. 最適化アルゴリズムの進展:理論・応用・実装,2014年9月24日〜25日
  2. 最適化の基礎理論と応用,2013年8月29日〜30日
  3. 最適化手法の理論と応用の繋がり,2012年7月23日〜24日
  4. 最適化手法の深化と広がり,2011年7月21日〜22日
  5. 最適化モデルとアルゴリズムの新展開,2010年7月21日〜23日
  6. 21世紀の数理計画:アルゴリズムとモデリング,2009年7月22日〜24日

京都大学数理解析研究所 研究集会リスト

http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/~kyodo/workshop-ja.html