(2)学 術 論 文(国内誌:審査付き) 

  1. 高速道路ネットワーク9,142qの経済効果−空間的応用一般均衡(SCGE)アプローチ−
    高速道路と自動車,vol. 58, 2015, 3月号,pp.16-25
    青木優,森杉壽芳,武藤慎一,上泉俊雄,河野達仁,福田敦,東山洋平
  2. 経済的効率性からみた有料道路の最適料金水準−英国M6tollのケース−
    高速道路と自動車, vol. 58, 2015, 2月号,pp.22-27
    岸昭雄,河野達仁
  3. 海面上昇に伴う砂浜侵食に対する適応策としての最適養浜量の推定手法の構築,
    土木学会論文集B2(海岸工学) 70(2), I_1386-I_1390, 2014
    吉田惇,有働恵子,河野達仁,真野明
  4. 線分都市経済の人口集積メカニズムの分析,
    土木学会論文集D3, Vol.69, No.1, pp.53-63. 2013
    池田清宏,赤松隆,河野達仁,高山雄貴,坂本賢二,Reza Sobhaninejad
  5. 心理的作用を考慮した津波避難開始における意思決定モデルの開発
    土木学会論文集D3, Vol.69, No.2 , pp. 64-80. 2013
    佐藤 太一, 河野 達仁, 越村 俊一, 山浦 一保, 今村 文彦
  6. 道路整備財源調達に伴う厚生損失を考慮した高速道路料金の効率的水準
    日本経済研究 Vol. 67, pp. 1-20. 2012
    森杉壽芳,河野達仁
    論文ダウンロード
    supplement
  7. 単一中心都市における住宅地の開発・再開発および撤退の空間的立地パターン,
    土木学会論文集D, Vol. 66 ,pp.279-289,2010
    河野達仁,宮原史,織田澤利守
  8. 最適な商業集積水準と交通施設整備の便益評価 ―複数財一括購入と独占的価格競争を考慮して―,
    土木学会論文集D , Vol. 66,pp.125-136,2010
    河野達仁,光谷友樹,岸昭雄,能登谷浩路
  9. 最適な容積規制と用途規制:各用途および用途間に発生する外部不経済の適正化,
    土木計画学研究・論文集Vol.26 , pp.67-76, 2009
    河野達仁,森田有一
  10. 道路特定財源調達の限界費用を考慮した効率的な高速道路料金水準と財源調達,
    高速道路と自動車,Vol. 52, pp. 20-29, 2009.
    森杉壽芳,河野達仁,大村洋平
  11. 認知的不協和を考慮した津波避難行動モデルの開発-避難シミュレーションへの心理的要素の導入-
    地域安全学会論文集 Vol.10, pp. 393-400, 2008
    佐藤太一,河野達仁,越村俊一,山浦一保,今村文彦
  12. 交通施設整備が都心商業の空洞化と再生に与える影響:商業立地密度変化に着目して,
    土木計画学研究・論文集No.25,pp.201-212, 2008
    河野達仁,野添孝敬,岸昭雄
  13. 個人の防災投資行動の観察に基づく防災プロジェクトの便益計測の可能性
    土木学会論文集D,Vol.64, pp. 421-431, 2008.
    森杉壽芳,岡松明良,河野達仁
  14. 都市の集積・分散モデルの対称性破壊分岐:群論的分岐理論によるアプローチ,
    土木学会論文集D, Vol. 63, pp.553-566, 2007.
    池田清宏,河野達仁,赤松隆,柳本彰仁,八巻俊二
  15. 誘発交通による混雑悪化の可能性と公共投資のパラドックス,
    土木学会論文集D,Vol. 63, pp.524-535, 2007
    河野達仁,宮原史,森杉壽芳
  16. 計算分岐理論による都市の集積・分散モデルの分岐経路追跡法の提案
    土木計画学研究・論文集No.24,pp. 191-196, 2007
    柳本彰仁,池田清宏,赤松隆,河野達仁,八巻俊二
  17. 混雑料金・道路投資政策による異質な利用者のパレート改善性,
    土木計画学研究・論文集No.24,pp.91-102, 2007.
    田中大輔,河野達仁
  18. 人口動態変化が若年層と高齢層の都市内居住分布と厚生に与える影響に関する理論分析,
    土木学会論文集D,Vol.63, pp.242-254, 2007
    河野達仁,小徳利章,織田澤利守
  19. 交通施設整備が商業立地に与える影響とその費用便益分析,
    土木学会論文集D, Vol. 63, pp. 76-87, 2007.3
    河野達仁,野添孝敬
  20. 費用便益分析に基づく公共投資政策の動学的不整合問題,
    土木学会論文集No.807 /IV-70, pp.43-54, 2006.1
    河野達仁,能登谷浩路
  21. 代替・補完財の存・Eンによる旅行費用法の適用限界,
    土木学会論文集No.807 /IV-70, pp.21-28, 2006.1
    河野達仁,森杉壽芳,樋口敦司
  22. 一般化交通費用に基づく交通需要予測のバイアスと内生的時間価値
    土木計画学研究・論文集Vol.22,pp.47-52, 2005
    岸昭雄,河野達仁,森杉壽芳
  23. 労働者の異質性がもたらす空間的集積構造の分析,
    土木学会論文集 No.786 /IV-67, pp.123-134,2005.4
    岸昭雄,河野達仁
  24. 歪みのある空間経済における生活関連公共施設整備便益の計測方法の提案,
    土木学会論文集 No.786 /IV-67, pp.103-112,2005.4
    河野達仁,柳田眞由美,樋野誠一
  25. 環境運動の存在する経済における緑地供給システムに関する厚生分析,
    土木学会論文集  No.786 /IV-67, pp.113-122,2005.4
    河野達仁,加藤公優
  26. ラーナーの独占度を用いた不完全競争下における交通施設整備便益の計測,
    高速道路と自動車,2005年2月号 pp.25-31
    岸昭雄,河野達仁
  27. A Sensitivity Analysis on Value of Information for Logit Type of Route Choice,
    土木計画学研究・論文集No.20, pp.913-922, 2003
    Hisa Morisugi, Enrique Alarcon, Akio Kishi and Tatsuhito Kono
  28. 核−周辺モデルにおける交通施設整備の便益計測−複数均衡存在下におけるプロジェクトの便益計測にむけて−,
    土木計画学研究・論文集No.20, pp.97-104,2003
    岸昭雄・河野達仁・森杉壽芳
  29. 道路混雑対策としての容積率規制と道路投資の組合せ政策に対する評価法,
    土木学会論文集No.695/IV-54, pp.59-65,2002.1
    金子貴之・河野達仁・森杉壽芳
  30. 最適土地利用密度規制の設計に関する基礎的研究,
    土木学会論文集No.695/ IV -54, pp.77-90, 2002.1
    河野達仁・金子貴之・森杉壽芳
  31. 時間価値に関する理論的考察-私的交通のケース-,
    土木学会論文集No.639, W-46,pp53-64,2000年1月
    河野達仁・森杉壽芳
  32. 国際貿易予測のための中期交易係数予測モデル,
    土木学会論文集NO.583/W-38,pp33-40,1998年1月
    稲村肇・河野達仁・徳永幸之・竹村洋之
  33. 所要時間の不確実性を考慮した交通渋滞による損失費用の計測,
    土木計画学研究・論文集, No.13, pp.121-128,1996年8月
    河野達仁・荒井徹・伊藤卓・鹿島茂
  34. 道路整備が産業立地に与える影響の分析・|東北縦貫自動車道を対象として−,
    道路交通経済,pp.96-106,1996年7月
    <財)道路経済研究所第8回懸賞論文最優秀作受賞論文>
    河野達仁

TOP

連絡先・所在地

 東北大学大学院情報科学研究科
 社会システム計画学 河野研究室
 〒980-8579
 仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-06
 人間・環境系教育研究棟4階406号室
 Tel:022-795-7495
 e-mail:konoplan.civil.tohoku.ac.jp

 Regional and Urban Planning
 Graduate School of Information
 Sciences Tohoku University
 (Kono Lab.)
 Aoba 6-6-06, Aramaki, Aobaku,
 Sendai, 980-8579, JAPAN
 Phone:+81-22-795-7495

MAP

◎青葉山キャンパス→こちらから
◎交通アクセス→こちらから