空間計画科学研究室 −地理空間情報解析−

研究室 教員・学生

研究室所属の教員・学生を紹介します.

教員

准教授 井上 亮 <履歴・研究業績>

学生


M2永吉 真也
 宮下 明久
 吉田 幸司
M1大津 颯
 木元 拓志
 FENG Yuwei
研究生LI Mao
B4石山 里穂子
 幕内 加南子

OB


川松 祐太(2012修)
糟谷 志帆(2014修・2012卒)
宗永 英起(2012卒)
古郡 美佳(2013卒)
塚原 元英(2016修・2014卒)
志賀 康平(2015卒)

過去の修士論文


2016/3 塚原 元英 時空間的近接関係を考慮した滞在行動の符号化に基づく移動履歴分析手法の研究
2014/3 糟谷 志帆 複数の柔軟な形状を持つ点事象集積地域の検出法の開発
2012/3 川松 祐太 時空間における地価形成要因影響度の変遷・差異を考慮した普遍クリギングによる地価内挿の実証的検討

過去の卒業論文


2017/3 大津 颯 水害による不動産取引価格下落と浸水深の関係の分析
-地域住民の水害危険度認識変化の抽出に向けて-
  木元 拓志 形状複雑度設定に対応した時空間上の点事象集積領域検出手法の開発
2016/3 宮下 明久 車両感知器データのマイニングによる都市内の渋滞パターンの時空間分析
  吉田 幸司 管制仕事量の低減を目指した航跡データに基づく日本の空域分割
2015/3 志賀 康平 点事象集積検出を応用した産業共集積形態分析の提案 (発表賞受賞)
  永吉 真也 不動産取引価格情報を利用した水害危険度に対する認識変化の抽出
2014/3 塚原 元英 形状複雑度設定に応じたネットワーク上における点事象集積領域検出法の開発
2013/3 古郡 美佳 リンクの接続関係を利用したネットワーク上における点事象集積検出法の開発
2012/3 糟谷 志帆 不動産取引価格情報に基づく小地域単位の市況変動の抽出
  宗永 英起 地域間流動の視覚的表現法に関する研究

Last Modified: