空間計画科学研究室 -地理空間情報解析-

井上 亮


学歴

平成  7(1995)年3月私立 灘高等学校 卒業
平成  7(1995)年4月東京大学 教養学部 理科 I 類 入学
平成10(1998)年4月東京大学 工学部 土木工学科 進学
平成12(2000)年3月東京大学 工学部 土木工学科 卒業
平成12(2000)年4月東京大学 大学院工学系研究科 社会基盤工学専攻 修士課程 入学
平成14(2002)年3月東京大学 大学院工学系研究科 社会基盤工学専攻 修士課程 修了
平成14(2002)年4月東京大学 大学院工学系研究科 社会基盤工学専攻 博士課程 進学
平成17(2005)年3月東京大学 大学院工学系研究科 社会基盤学専攻 博士課程 修了

職歴

平成17(2005)年4月~
  平成19(2007)年3月
東京大学 空間情報科学研究センター 研究機関研究員
平成19(2007)年4月~
  平成21(2009)年3月
東京大学 大学院工学系研究科 社会基盤学専攻 助教
平成21(2009)年4月~
  平成22(2010)年7月
東京大学 大学院工学系研究科 社会基盤学専攻 講師
平成22(2010)年8月~
  平成24(2012)年3月
東北大学 大学院工学研究科 土木工学専攻 准教授
平成24(2012)年4月~
  現在
東北大学 大学院情報科学研究科 人間社会情報科学専攻 准教授
  
平成18(2006)年度~
  平成20(2008)年度
東京理科大学 大学院理工学研究科 建築学専攻 非常勤講師
      担当科目: 空間情報演習(夏学期)

研究業績

研究論文 (査読あり)

  • 井上 亮, 石川 翼 (2021) Areal Reduction Factorsと空間極値モデルによる相関構造推計のレーダ雨量データに基づく関連性分析. 土木学会論文集B1 (水工学), 77(2) [水工学論文集, 66]: I_1159-I_1164.
  • Inoue, R. and Hatori, K. (2021) How does residential property market react to flood risk in flood-prone regions? A case study in Nagoya City. Frontiers in Water - Water and Human Systems, 3:661662. (Frontiers)
  • 馬場 静羽, 井上 亮 (2021) 交通変数間の関係を反映した深層学習による地域の交通状態の短期的予測. 交通工学論文集 (特集号), 7(2): A_110-A_118. (J-STAGE)
  • 羽鳥 航平, 井上 亮 (2020) 名古屋市を対象とした水害多発地域における水害危険性が地価に与える影響の分析. 土木学会論文集B1 (水工学), 76(2) [水工学論文集, 65]: I_703-I_708. (J-STAGE)
  • 井上 亮, 石山 里穂子, 杉浦 綾子 (2020) 東京都区部の賃貸マンション市場の地理的分割の実態把握-スパースモデリングによるアプローチ-. 土木学会論文集D3 (土木計画学), 76(3): 251-263. (J-STAGE)
  • Inoue, R., Ishiyama, R., and Sugiura, A. (2020) Identifying local differences with fused-MCP: An apartment rental market case study on geographical segmentation detection. Japanese Journal of Statistics and Data Science. 3: 183-214. (Springer)
  • Inoue, R. and Li, M. (2020) Optimization-based construction of quadrilateral table cartograms. ISPRS International Journal of Geo-Information, 9(1): 43. (MDPI)
  • 吉田 幸司, 井上 亮 (2019) 道路リンクの接続関係を考慮した畳み込みニューラルネットワークによる自動車交通量の短期予測の検討. 土木学会論文集D3 (土木計画学), 75(5) [土木計画学研究・論文集, 36]:I_1059-I_1067. (J-STAGE)
  • 井上 亮, 大津 颯, 井内 加奈子 (2018) 水害の浸水深と住宅取引価格変化の関係分析-ハリケーン・サンディの被災地を対象に-. 土木学会論文集B1 (水工学), 74(4) [水工学論文集, 62]: I_1315-I_1320. (J-STAGE)
  • 中口 幸太, 小森 大輔, 井上 亮, 風間 聡 (2018) 大阪市における内水氾濫頻発区域の分布とその特性. 水文・水資源学会誌, 31(1): 9-16. (J-STAGE)
  • 吉田 幸司, 井上 亮 (2017) 管制地点を母点としたボロノイ図を用いたセクター設定手法の提案. 土木学会論文集D3 (土木計画学), 73(5) [土木計画学研究・論文集, 34]: I_1023-I_1031. (J-STAGE)
  • 井上 亮, 宮下明久, 杉田正俊 (2017) 車両感知器データのマイニングによる那覇市の渋滞波及過程抽出. 交通工学論文集 (特集号), 3(2): A_145-A_152. (J-STAGE)
  • 井上 亮, 塚原元英 (2016) 形状複雑度を制御可能なネットワーク上の点事象集積領域検出法の提案. GIS-理論と応用, 24(1): 39-48. (J-STAGE)
  • 井上 亮, 永吉真也, 小森大輔 (2016) 水害危険性が地価に与える影響の変化時点推定―地域の水害危険性認識変容の把握に向けて―. 土木学会論文集B1 (水工学), 72(4) [水工学論文集, 60]: I_1309-I_1314. (J-STAGE)
  • 井上 亮, 杉浦綾子, 米山重昭, 中西 航 (2016) 公的地価指標と取引価格の比較に基づく地価情報提供の提案―不動産市場の透明性向上に向けて―. 土木学会論文集D3 (土木計画学), 72(1): 1-13. (J-STAGE)
  • 清水英範, 井上 亮 (2013) 近傍グラフによるOD交通量データの視覚表現 (報告論文). 運輸政策研究, 16(3): 23-31. (運輸政策研究 アブストラクト)
  • 井上 亮 (2012) 非連続単純図形面積カルトグラム作成問題への接近法. GIS-理論と応用, 20(1): 11-22. (J-STAGE)
  • Inoue, R. (2011) A new construction method for circle cartograms. Cartography and Geographic Information Science, 38(2): 146-152. (Taylor & Francis Online)
  • Shimizu, E. and Inoue, R. (2009) A new algorithm for distance cartogram construction. International Journal of Geographical Information Science, 23(11): 1453-1470. (Taylor & Francis Online)
  • 井上 亮, 清水英範, 吉田 雄太郎, 李 勇鶴 (2009) 時空間クリギングによる東京23区・全用途地域を対象とした公示地価の分布と変遷の視覚化. GIS-理論と応用, 17(1): 13-24. (J-STAGE)
  • 井上 亮, 遠藤修平, 清水英範 (2009) 詳細道路交通情報を利用した道路交通所要時間の視覚化Webサービスの構築. 応用測量論文集, 20: 77-84.
  • 瀬谷 創, 堤 盛人, 井上 亮, 石田東生, 岡本直久 (2008) 移動平均モデルに基づく時空間内挿. 応用地域学研究, (13): 47-57. (応用地域学研究 Back number, PDF)
  • Inoue, R. and Shimizu, E. (2006) A new algorithm for continuous area cartogram construction with triangulation of regions and restriction on bearing changes of edges. Cartography and Geographic Information Science, 33(2): 115-125. (Taylor & Francis Online)
  • 井上 亮, 清水英範 (2005) サークルエリアカルトグラムの新作成手法, GIS-理論と応用, 13(1): 43-50. (J-STAGE)
  • 井上 亮, 清水英範 (2005) 連続エリアカルトグラム作成の新手法-GIS時代の統計データの視覚化手法-, 土木学会論文集, (779/IV-66): 147-156. (J-STAGE)
  • 清水英範, 井上 亮 (2004) 時間地図作成問題の汎用解法, 土木学会論文集, (765/IV-64): 105-114. (J-STAGE)
  • 田中正博, 井上 亮, 佐藤愼司, 磯部雅彦, 渡辺 晃, 池野正明, 清水隆夫 (2000) 2粒径混合砂を用いた大型海浜断面実験と粒径別漂砂量の算出, 海岸工学論文集, 47(1): 551-555. (J-STAGE)

招待論文

  • 井上 亮 (2019) 局所的特徴を抽出する: Fused-MCPに基づく地域分析の可能性. 第31回RAMP数理最適化シンポジウム論文集, 143-157.
  • 清水英範, 井上 亮 (2008) カルトグラムの作成手法と応用可能性 -統計GISの発展と利活用に向けて-. 土木計画学研究・論文集, 25(1): 1-15. (JSTAGE)

会議録 (査読あり)

  • 馬場 静羽, 井上 亮 (2020) 交通変数間の関係を反映した深層学習による地域の交通状態の短期的予測. 第40回交通工学研究発表会論文集 (2020/9/7-8, オンライン開催), 625-629. CD-ROM.
  • Inoue, R. and Komori, D. (2017) Flood impacts on residential property prices in frequently flooded areas: Evidences from Kanda river basin, Tokyo. In: Proceedings of the 15th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management. (11-14 July 2017, Adelaide, Australia) (PDF)
  • Inoue, R., Miyashita, A., and Sugita, M. (2016) Mining spatio-temporal patterns of congested traffic in urban areas from traffic sensor data. In: Proceedings of 2016 IEEE 19th International Conference on Intelligent Transportation Systems (ITSC) (1-4 November 2016, Rio de Janeiro, Brazil), 731-736. (IEEEXplore)
  • 井上 亮, 宮下 明久, 杉田 正俊 (2016) 車両感知器データのマイニングによる都市内渋滞の時空間形態抽出. 第36回交通工学研究発表会論文集 (2016/8/8-9, 日本大学理工学部駿河台キャンパス), 27-32. CD-ROM.
  • Inoue, R. (2015) Extraction of industry coagglomeration patterns from small area statistics: An approach by the FDR-based cluster detection and the frequent pattern mining of industry clusters. In: Proceedings of 14th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management (7-10 July 2015, Cambridge MA, USA), 146-1-18. USB memory. (PDF)
  • Inoue, R., Kasuya, S., and Watanabe, T. (2013) Spatio-temporal cluster detection of point events by hierarchical search of adjacent area unit combinations. In: Proceedings of 13th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management (2-5 July 2013, Utrecht, Nederlands). Paper 51, USB memory. (PDF)
  • Inoue, R. (2011) Generalized approach to construction of simple-shaped non-contiguous area cartograms. In: Proceedings of 25th International Cartography Conference. (4-8 July 2011, Paris, France). Paper CO-272. (Available at ICA sitePDF)
  • Inoue, R., Kitaura, K., and Shimizu, E. (2009) New solution for construction of rectilinear area cartogram. In: Proceedings of 24th International Cartography Conference (16-21 November 2009, Santiago de Chile, Chile). Paper 20-3. (Available at ICA site. PDF)
  • Li, Y., Inoue, R., and Shimizu, E. (2009) Study on applicability of cokriging to estimation of land transaction price. In: Proceedings of 11th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management (16-18 June 2009, Hong Kong). Paper 7.3-1, CD-ROM.
  • Inoue, R., Kigoshi, N., and Shimizu, E. (2007) Visualization of spatial distribution and temporal change of land prices for residential use in Tokyo 23 wards using spatio-temporal kriging. In: Proceedings of 10th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management (11-13 July 2007, Iguassu Falls, Brazil). Paper 63, CD-ROM. (PDF)
  • Shimizu, E. and Inoue, R. (2003) A generalized solution of time-space mapping. In: Proceedings of 8th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management (27-29 May 2003, Sendai, Japan). Paper 1C-1, CD-ROM.

国際会議 発表 (Extended Abstract/Short Paper 査読あり)

  • Peng, Z. and Inoue, R. (2021) Specifying multi-scale spatial heterogeneity in the rental housing market: The case of the Tokyo metropolitan area. GIScience 2021 (27-30 September 2021, Online (Poznań, Poland)), Oral presentation.
  • Den, K. and Inoue, R. (2019) Extracting area and period of influence of new rail service on real estate market using fused-MCP. GeoComputation 2019 (18-21 2019 Queenstown, New Zealand). (Available at the University of Auckland). Poster presentation.
  • Masuda, R. and Inoue, R. (2019) Short-term traffic volume prediction at a signalised intersection using LSTM. GeoComputation 2019 (18-21 2019 Queenstown, New Zealand). (Available at the University of Auckland). Poster presentation.
  • Li, M. and Inoue, R. (2019) Table cartogram generation as an optimization problem. In: Abstracts of the International Cartographic Association, 1:214, 1-2. (15-21 July 2019, Tokyo, Japan). (Available at ICA), Poster presentation.
  • Inoue, R., Ishiyama, R., and Sugiura, A. (2018) Identification of geographical segmentation of the rental apartment market in the Tokyo Metropolitan Area. In: Proceedings of 10th International Conference on Geographic Information Science (GIScience 2018), 32:1-6. (29-31 August 2018, Melbourne, Australia). (Available at DROPS), Oral presentation.
  • Inoue, R. and Kimoto, H. (2017) Spatio-temporal point event cluster detection by controlling shape complexity, In: Proceedings of GeoComputation 2017, paper 15. (2017 International Conference on GeoComputation: 4-7 September 2017, Leeds, UK), Oral presentation. (Available at GeoComputation website)
  • Yoshida, K. and Inoue, R. (2017) Relation between proximity of streets in urban network and parameters of neural network for traffic volume prediction, In: Proceedings of GeoComputation 2017, paper 10. (2017 International Conference on GeoComputation: 4-7 September 2017, Leeds, UK), Oral presentation. (Available at GeoComputation website)
  • Inoue, R. and Tsukahara, M. (2016) Travel pattern analysis from trajectories based on hierarchical classification of stays. In: Ninth International Conference on GIScience Short Paper Proceedings, 150-154. (27-30 September 2016, Montreal, Canada). Poster presentation. (Available at escholarship.org)
  • Inoue, R. (2014) Statistical detection of multiple clusters of point events in small-area analysis based on false discovery rate. In: Extended Abstract Proceedings of the GIScience 2014, 311-314. (23-26 September 2014, Vienna, Austria). Poster presentation.
  • Tsukahara, M. and Inoue, R. (2014) Cluster detection in networks by controlling shape flexibility level. In: Extended Abstract Proceedings of the GIScience 2014, 441-445. (23-26 September 2014, Vienna, Austria). Poster presentation.
  • Inoue, R. and Shimizu, E. (2004) A new solution for continuous area cartogram construction. Third International Conference on Geographic Information Science (20-23 October 2004, Maryland University Conference Center, MD, USA), Poster presentation.

国際会議 発表 (Abstract 査読あり)

  • Inoue, R. and Den, K. (2021) Identifying global and local spatial heterogeneity in apartment rent in the Tokyo metropolitan area. 15th World Conference of the Spatial Econometrics Association (SEA2021 in Tokyo). (26-28 May 2021, Online), Oral presentation.
  • Inoue, R. and Kimoto, H. (2019) Point-event cluster detection based on fused-MCP. Spatial Statistics 2019. (10-13 July 2019, Sitges, Spain), Poster presentation.

著書

  • 井上 亮 (2021) 「B2-7 カルトグラム」, 「B3-13 非地理座標表現」 日本地図学会 (監), 地図の辞典, 朝倉書店 (分担執筆).
  • 井上 亮 (主査), 杉山俊幸 (2019) 「第2章 基礎問題」, 土木技術体系化研究会 (編), 土木技術検定試験 問題で学ぶ体系的知識(改訂版), ぎょうせい (分担執筆).
  • 井上 亮 (2018) 「カルトグラム」, 貞広幸雄・山田育穂・石井儀光 (編), 空間解析入門―都市を測る・都市がわかる―, pp.150-153, 朝倉書店 (分担執筆).
  • 井上 亮 (2017) 「15.5 GISと空間解析」, 土木学会土木計画学ハンドブック編集委員会 (編), 土木計画学ハンドブック, pp.685-691, コロナ社 (分担執筆).
  • 井上 亮 (2015) 「18章 空間補間」, 浅見泰司, 矢野桂司, 貞広幸雄, 湯田ミノリ(編), 地理情報科学 GISスタンダード, pp.108-113, 古今書院 (分担執筆).
  • 清水英範, 井上 亮 (2014) 都市内道路交通所要時間と地域間交通量の視覚表現に関する研究, ITPS Report 201401, 運輸政策研究所.
  • 杉山俊幸, 井上 亮 (2011) 「第2章 共通問題」, 土木技術体系化研究会(編), 土木技術検定試験 問題で学ぶ体系的知識, ぎょうせい (分担執筆).
  • 井上 亮 (2005) 「空間内挿法」「フーリエ変換」, 村井俊治(編), 測量工学ハンドブック, 朝倉書店 (分担執筆).

解説

  • 井上 亮 (2015) 点事象の地理的集積検出に基づく地域分析. 測量, 65(3): 6-11.
  • 清水英範, 井上 亮 (2012) OD交通量データの視覚的表現手法に関する研究, 運輸政策研究, 15(2): 86-89.
  • 清水英範, 井上 亮, 久都内裕一 (2011) 時間地図による都市内道路交通所要時間の視覚化―バスICカードデータを用いた東京都心部への適用―, 運輸政策研究, 13(4): 66-70.
  • 井上 亮 (2010) Webページ上への簡単グラフ描画ツール, 測量, 60(8): p.35.
  • 井上 亮 (2010) 道路交通所要時間の視覚化, 地図情報, 29(4): 14-16.
  • 井上 亮 (2009) 写真整理, 測量, 59(8): p.32.
  • 井上 亮 (2008) 街路風景写真, 測量, 58(10): p.31.
  • 井上 亮 (2008) 音声記録のデジタル化, 測量, 58(8): p.17.
  • 井上 亮 (2008) 現在位置取得サービス, 測量, 58(6): p.25.
  • 井上 亮 (2008) 航空情報, 測量, 58(4): p.27.
  • 井上 亮 (2008) 道路情報, 測量, 58(2): p.37.
  • 井上 亮 (2007) リアルタイム気象情報, 測量, 57(12): p.35.
  • 井上 亮 (2007) 市町村合併情報, 測量, 57(10): p.33.
  • 井上 亮 (2007) Web地図サービスの空中写真画像比較, 測量, 57(8): p.39.
  • 井上 亮 (2007) 移動履歴の翻訳者, 測量, 57(6): p.51.
  • 井上 亮 (2007) 地価情報, 測量, 57(4): p.27.
  • 井上 亮 (2007) 成長する百科事典, 測量, 57(3): p.37.
  • 井上 亮 (2007) カルトグラム作成手法の提案, GISNEXT, (18): p.83.
  • 井上 亮 (2006) 政府統計, 測量, 56(10): p.33.
  • 井上 亮, 清水英範 (2006) 連続エリアカルトグラム作成の新手法, 測量, 56(8): 10-13.
  • 井上 亮, 清水英範 (2006) 三角網分割を用いた連続エリアカルトグラムの作成手法, オペレーションズ・リサーチ, 51(4): 193-198.
  • 清水英範, 井上 亮 (2006) 地点間の方位角拘束を用いた時間地図作成問題の汎用解法, オペレーションズ・リサーチ, 51(4): 199-204.
  • 井上 亮 (2005) 電子地球儀 Google EarthTM, 測量, 55(10): p.43.
  • 井上 亮 (2004) ArcGISの機能拡張 ArcScript, 測量, 54(8): p.37.

講演

  • 井上 亮. 局所的特徴を抽出する: Fused-MCPに基づく地域分析の可能性. 第31回RAMP数理最適化シンポジウム, 慶應義塾大学 矢上キャンパス, 2019年11月22日.
  • Inoue, R. Sparse modelling approach to identify geographical segmentation of rental apartment market in the Tokyo metropolitan area. CUSP London Seminar Series, King’s College London, 2019年3月13日.
  • 井上 亮. Fused MCPを利用した地域分析の可能性 ―点事象の集積検出と不動産市場の地理的分割分析への応用―. 第13回日本統計学会春期集会, 日本大学 経済学部本館, 2019年3月10日.
  • 井上 亮. 不動産価格形成の実態把握に向けて―空間統計手法と機械学習手法によるアプローチ―. 日本オペレーションズ・リサーチ学会 東北支部 支部研究会, 東北大学 川内南キャンパス, 2018年6月28日.
  • 井上 亮. 主要管制地点を母点としたボロノイ図に基づく航空管制のセクター形状最適化. 国土交通省CARATSオープンデータ活用促進フォーラム, 早稲田大学 大隈記念講堂 小講堂, 2017年12月4日.
  • 井上 亮. 点事象データから地域を観る. 日本写真測量学会関西支部 支部特別講演会, 大阪府立大学 I-siteなんば, 2017年6月30日.
  • 井上 亮. 主要管制地点を母点としたボロノイ図に基づく航空管制のセクター形状最適化. 土木計画学ワンデイセミナー No.85 これからの空港と次世代航空交通システムの進化, 日本大学 駿河台キャンパス, 2017年5月26日.
  • 井上 亮. 不動産市場の動向をいかに伝えるか 取引価格情報を利用した新たな情報提供の提案, 国土交通省 土地の日フェア2012シンポジウム, すまい・るホール, 2012年10月1日.

座談会

  • 井上 亮, 坂本 圭, 浜田哲司, 四日市正俊, 後藤 計 (2019) 地価公示制度50周年記念特集 ≪第1弾≫ オープンデータ化のもたらす未来 ―普及の歴史を振り返り,さらなる利活用の可能性を探る―. 不動産鑑定, 56(4): 7-29.

その他

  • 井上 亮, 清水英範 (作図アルゴリズム提供), 中日新聞電子編集部 (2017) 有権者カルトグラム, 自民党大勝の内訳 新289区はどう動いたか? 中日新聞 CHUNICHI Web (東京新聞 TOKYO Web), 2017年10月23日公開.
  • 清水英範, 井上 亮 (資料提供) (2015) 縮み続ける時間地図 関西よみうり懇話会 高速鉄道, 読売新聞関西版, 2015年3月20日 朝刊19面.
  • 清水英範, 井上 亮 (時間地図作成), 日本経済新聞社 (動画作成) (2014) 日本を変えた新幹線 ~ビジュアルで振り返る半世紀~ 延びる路線 縮んだ列島 時間地図で見る高速化の変遷, 日本経済新聞電子版 (Web刊), 2014年9月29日公開. http://www.nikkei.com/edit/interactive/rd/50shinkansen/
  • 清水英範, 井上 亮 (時間地図作成) (2014) 革新の半世紀 新幹線からリニアへ (上), 産経新聞, 2014年9月23日 朝刊1面.
  • 清水英範, 井上 亮 (資料提供) (2014) シリーズ検証 新幹線50年史(1) 時速200キロ 列島小さく 夢の超特急「高度成長」の立役者 ヒト・カネ、東京に集中, 日本経済新聞, 2014年7月6日 朝刊15面.
  • 清水英範, 井上 亮 (資料提供) (2012) 新幹線の未来 時間地図, 上越新幹線開業30周年記念展 奇跡の新幹線―開業,震災,そして30年― 展示図録, 新潟県立歴史博物館, pp.94-95. (PDF).
  • 清水英範, 井上 亮 (監修) (2012) 北海道・東北考 鉄道の発達により変わる「時間軸」, 北海道新聞, 2012年1月4日 朝刊1面 (PDF).【北海道新聞社許諾 D1201-2201-00008009】
  • 清水英範, 井上 亮 (監修) (2011) 近づく街の距離 広がる地域の宝 日本列島 時間地図, 朝日新聞 福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・山口各県版, 2011年1月1日 朝刊28・29面 (福岡県版 PDF).
  • 清水英範, 井上 亮 (地図作成協力, 解説) (2010) 日本列島 時間地図, 朝日新聞 東京版, 2010年1月1日 朝刊28・29面. (PDF)
  • 井上 亮,清水英範 (地図作成) (2009) 国別貿易輸出入額, 地図の学際 東京カートグラフィック株式会社, (14), p.8. (東京カートグラフィック株式会社Web)
  • 井上 亮,清水英範 (地図作成) (2009) 国民一人当たりの医療費支出と医師密度, 地図の学際 東京カートグラフィック株式会社, (13), p.8. (東京カートグラフィック株式会社Web)
  • 井上 亮,清水英範 (地図作成) (2008) 近代オリンピックの国別メダル獲得数とGDP, 地図の学際 東京カートグラフィック株式会社, (12), p.8. (東京カートグラフィック株式会社Web)
  • 清水英範, 井上 亮 (地図作成協力) (2007) 07参院選データブック,東京新聞(中日新聞) 2007年7月31日 朝刊8面. (PDF)
  • 清水英範, 井上 亮 (画像提供) (2006) さまざまな地図の世界,TBSテレビ NEWS BIRD ドクター月尾 地球の方程式「世界が違って見える"地図" (11/6~10のテーマ)」, 2006年11月9日放送. (番組 Web site)
  • 清水英範, 井上 亮 (地図作成協力) (2006) 参院選の一票の格差,東京新聞(中日新聞) 2006年8月28日 朝刊10面. (PDF)
  • 清水英範(監修), 井上 亮 (地図作成) (2005) 人口の話をしよう, ちゃぐりん, 42(6), 61-65. (PDF)

国際会議 発表 (査読なし)

  • Inoue, R. and Iuchi, K. (2018) An analysis on relationship between flood depth and decline in residential property prices after Hurricane Sandy. 2018 Annual Meeting of Association of American Geographers (10-14 April 2018, New Orleans, LA, USA).
  • Inoue, R., Nagayoshi, M., and Komori, D. (2017) Identifying change points of real estate prices in areas of recurring floods: A case study in the Kanda River basin, Tokyo. 2017 Annual Meeting of Association of American Geographers (5-9 April 2017 Boston, MA, USA).
  • Nakaguchi, K., Komori, D., Muroi, K., Oyatsu, Y., Inoue, R., and Kazama, S. (2016) The distribution and characteristics on frequent flooded area of inland inundation in metropolitan areas in Japan. 13th Annual Meeting of Asia Oceania Geosciences Society (31 July-5 August 2016, Beijing, China).
  • Muroi, K., Oyatsu, Y., Nakaguchi, K., Yonemoto, Y., Inoue, R., Kazama, S., and Komori, D. (2016) The distribution and characteristic of frequent inland inundation area in Osaka. 13th Annual Meeting of Asia Oceania Geosciences Society (31 July-5 August 2016 Beijing, China).
  • Inoue, R. (2014) Extraction of industry coagglomeration patterns from small area statistics using spatial cluster detection and frequent pattern mining. 61st Annual North American Meetings of the Regional Science Association International (12-15 November 2014, Bethesda MD, USA).
  • Inoue, R., Nakanishi, W., Sugiura, A., Nakano, T., and Yoneyama, S. (2011) Publication of comparison information between interpolated appraised land prices and transaction land prices. GeoViz 2011 (10-11 March 2011, Hamburg, Germany), CD-ROM.
  • Inoue, R., Nakanishi, W., Sugiura, A., Nakano, T., and Yoneyama, S. (2010) Publication of land price information through the comparison of interpolated appraised prices and transaction prices. AutoCarto2010 (15-19 November 2010, Orlando FL, USA), CD-ROM.
  • Inoue, R. (2010) A new construction method for circle cartograms and its application. AutoCarto2010 (15-19 November 2010, Orlando FL, USA), CD-ROM.
  • Inoue, R., Shimizu, E., Yoshida, Y., and Li, Y. (2008) Analysis of spatial distribution of and temporal change in land prices in Tokyo 23 wards using spatio-temporal kriging. 2nd World Conference of the Spatial Econometrics Association (18-19 November 2008, New York, NY, USA), CD-ROM.
  • Inoue, R., Wako, M., and Shimizu, E. (2007) A new map transformation method for highly deformed maps by creating homeomorphic triangulated irregular network. Proceedings of XXIII International Cartographic Conference (4-10 August 2007, Moscow, Russia), CD-ROM.
  • Inoue, R., Endo, S., and Shimizu, E. (2006) Visualization of road travel time in Tokyo city center using probe vehicle data. Proceedings of SMF/UPIMap2006 (Joint Symposium of Seoul Metropolitan Fora & Second International Joint Workshop on Ubiquitous Pervasive and Internet Mapping (SMF/UPIMap2006), (23-25 October 2006, Seoul, Korea), 221-225.
  • Shimizu, E. and Inoue, R. (2003) Time-distance mapping: visualization of transportation level of service. Proceedings of Symposium on Environmental Issues Related to Infrastructure Development (JSPS Core University Program on Environmental Engineering, 8-9 August 2003, Manila, Philippines), 221-230.

学位論文

  • 博士論文: カルトグラムの作成手法に関する研究 -GISを用いた統計データの新たな表現に向けて- (概要 PDF, 全文 PDF)
  • 修士論文: 誤差の社会的空間相関を考慮した線形回帰型地域モデリングに関する研究
  • 卒業論文: 海浜断面変形と底質分級に関する大型水槽実験

賞罰

  • 令和元年度 地理情報システム学会学会賞 学術論文部門
  • 平成21年度 地理情報システム学会学会賞 研究奨励部門
  • 平成18年度 土木学会論文賞 (清水英範教授との共同受賞)
  • 平成18年度 測量技術奨励賞
Last Modified: