空間計画科学研究室 −地理空間情報解析−

地理空間情報の視覚化手法 −新しいカルトグラム作成手法の提案−

このページでは,地理空間情報の視覚化手法の一つである『カルトグラム』について,新しい作成手法を提案した研究に関して紹介をしています.提案した作成手法の概要は,研究紹介ポスター(@CSIS DAYS 2005)をご覧ください.

カルトグラムとは?

『統計データに基づき地図を変形し,地域の特徴を視覚的に表現する地図』
  カルトグラムは,距離カルトグラ(distance cartogram)・面積カルトグラム(area cartogram)の2種類に大別されます.

カルトグラムの種類

距離カルトグラムとは?  → 詳細情報

『地図上の距離で統計データを表現するカルトグラム』
  距離カルトグラムは代表的な利用例は,地点間の所要時間を視覚化する時間地図です.
  下図のように地理的配置との比較により,交通整備水準の地域格差を視覚化することができます.

例) 1965年 鉄道所要時間 距離カルトグラム と 地理的配置

1965年鉄道所要時間 鉄道網

(データ出典:国土交通省)

上図の距離カルトグラムは,東海道新幹線(東京〜新大阪)開通後の鉄道所要時間を表しています.
東京・名古屋・大阪などの諸都市が,距離カルトグラム上では地理的配置に基づく図よりも近くに配置されています.

また,他時点の距離カルトグラムとの比較で,交通整備水準の変遷を視覚化することができます.

『地図画像のカルトグラムへの内挿』+『アニメーション表示』により,より印象的な視覚化が可能です.

例) 鉄道所要時間の変遷 アニメーション

 → 詳細情報(作成手法およ他の適用例)はこちら

面積カルトグラムとは?  → 詳細情報

『地図上の面積の大きさでデータを表現するカルトグラム』

例) 1950・2000年 都道府県人口 連続面積カルトグラム  (面積:人口,色:人口増加率)

日本人口面積カルトグラム

(データ出典: 総務省統計局)

また,面積カルトグラムをアニメーション表示することにより,統計データの変化を効果的に視覚化することができます.

例) 1920〜2000年 都道府県人口変化の視覚化 (面積: 人口, 色: 人口増加率)

(データ出典: 総務省統計局)

 → 詳細情報(作成手法および他の適用例)はこちら

Last Modified: